浮気 男 特徴

性欲の強さや経済力がある男性は浮気しやすい

旦那の浮気調査

 

男性が浮気する心理は単純明快です。女性のように複雑な心理が組み合わさって浮気に走る人々は少数派であり、やはり性的な欲望が男性の不貞行為を誘発します。

 

少し生々しい表現になりますが、恋人や妻と定期的にセックスを行い、性的に満足している男性は浮気に走る可能性が低く、雄として充実した感覚を覚えているため、不貞行為に走るどころか逆に女性に対して誠実に尽くす行動を取ります。

 

一方でセックスレス状態が続きますと、生物的な本能によって突き動かされる事もあり、一部の方々は性的な欲求不満を解消しようと不貞行為に及びます。

 

そういった事情から浮気しやすい人々の特徴として挙げられるのが、性欲の強さです。

 

いわゆる肉食系の方は性欲旺盛であり、少しの期間でも性的に満たされていないと感じると、危険な不貞行為に走りがちです。

 

妻の妊娠中に、浮気をする人々が多いのもそういった特徴があるためであり、妻とセックス出来なければ他人とすればいいじゃないか、といった刹那的な心理から若い女性と夜遊びする人々もいます。

 

また他の特徴としては、不倫相手に衣類や貴金属をプレゼントしたり、日常的にラブホテルや旅館などを予約出来る予備的知識、妻以外の女性に貢げる経済力を持っている方が、実際に不倫を実践しやすい傾向があります。

 

男性の浮気の見抜き方や防止策とは

旦那の浮気調査

 

男にとって浮気は、女性を自分のものにしたいという気持ちが発露したものであり、関係を持った瞬間飽きが始まり、しばらくして関係が終わるということが多々あります。

 

そのため、常に連絡を取っている女性が存在し、スマートフォンなどを片時も離さない光景が見られます。

 

こうしたものを見抜くには、スマートフォンを常にチェックするということが大切です。

 

仕事のやり取りをLINEでする人もいますが、怖い顔をして浮気相手にLINEを送り続けられるほど器用ではありません。

 

スマートフォンを扱っている時の顔などをしっかり観察するだけで見抜くことができます。

 

問題は浮気の防止策ですが、浮気に対する考え方のズレをお互いに認識しておくことです。

 

手をつないだだけでダメという人もいれば、心さえ持っていかれなければ何をしてもいいという人もいて、後者の場合には男性に対する理解があり、むしろ男性側が自制することもあります。

 

考え方にズレがあるため、浮気に対する認識を把握することで防止することができます。

 

ここまでならいい、相手に求める分、自分も努力するというように、互いに譲歩し、そして互いの考え方を知るということが防止策としては大変有効です。